盛岡市好摩の整体。骨盤矯正でゆがみと足の長さをそろえることで脊椎にかかる負担を軽減できます。側弯症の関連症状である腰痛、背中痛、肩こり、首こりなどもおまかせください。

〒028-4125

岩手県盛岡市好摩字上山3-149

パークハイツ101

IGR・JR好摩駅東口より徒歩約1分

駐車場完備

予約優先

[定休日]火曜日/金曜日

ご予約・お問い合わせ

Tel:019-677-8075

脊柱側弯症

脊柱側弯症の画像

弯曲した背骨をまっすぐに戻すのは難しいですが成長期にそれ以上、側弯を進行させないことが大事です!

『脊柱側弯症とは』

通常背骨は正座をして両手を膝の前におき頭を前に倒した状態で後ろから見るとまっすぐな姿勢に見えます。

しかし背骨が弯曲していればはっきりとその様子がわかります。

背骨がねじれながら左右に曲がってしまうことを脊柱側弯症と言います。

脊柱側弯症に関しては医学的には十分に解明されていないのが実情です。

しかし当院では骨盤の上下左右のアンバランスが原因の一つと考えています。

そして骨盤の正しい矯正によって脊柱側弯症の進行をくい止めることができると考えています。

『脊柱側弯症による身体の特徴』

これらの変化は弯曲によるものです。

さらに側弯症が進行すると、

1.背中や肩のこりや痛み。

2.息切れなどといった呼吸障害。

のような症状も現れることがあります。

実際に装具を付けることをやめて整体を受けることで進行がとまり装具を不要にしているケースが今までの事例でありました。

リスクを背負い手術をしても手術後の身体にはつらさが残ります。

装具で固定することは身体の機能を阻害することが多いうえ、付けていたのに実際には側弯症が進行してしまうケースもあり最善の方法とは言えないと思います。

『施術』

左右の骨盤の上下のバランスを整えて正しい位置に戻してやることで身体を傾けてバランスをとる必要がなくなり背骨にかかる負担が軽減できます。

『最後に』

脊柱側弯症は原因がはっきりしていないのが実情です。骨盤のアンバランスだけが原因でないのも事実です。

しかし経験上、骨盤矯正をすることで進行が止まるもしくは成長期をすぎ身体ができあがるまで進行を遅らせることができたケースも見てきました。

ひとつの可能性として一度、骨盤の状態をチェックすることをオススメします。

対応する症状

孝観堂整体院(こうかんどうせいたいいん)

〒028-4125 岩手県盛岡市好摩字上山3-149パークハイツ101

ご予約・お問い合わせTel:019-677-8075

盛岡市、滝沢市、八幡平市、岩手町、葛巻町、一戸町、二戸市、玉山地区、渋民近郊にお住いの皆様のご来院お待ちしております。

トップへ戻る